古布でぞうり作りワークショップを行いました!

新宮町まちづくり自主活動支援事業 『楽しくエコ!!』

古布でぞうり作りワークショップ

日時:平成26年7月7日(月)

会場:シーオーレ新宮 和室

★ 古布でぞうり作りワークショップ 10:00~15:00

参加者数: 会員3名、会員外14名 計17名 (町内 7名)

布ぞうり作りは、なかなか難しいので、実際に履いて使える作品を作るには、講師からのしっかりとした指導が必要なので、定員15名で、締め切りとしました。

 

慢性病・アトピー・不妊・うつ病などの相談に従事している、漢方薬剤師の木村有希先生をお迎えして、前半は、陰陽五行をもとにした病気にならない身体づくりのお話をしていただきました。

 

後半は、砂糖の味くらべやアロマ占い~あなたの好きな香りはどれ? など五感で遊び、アロマを楽しみました。

砂糖の味くらべでは、美味しく感じるものがどれかを見つけるのですが、普段、白砂糖や人工甘味料のものを食べている方は、身体によい黒砂糖やきび砂糖よりも、白砂糖や人工甘味料のほうが美味しく感じてしまい、普段の食生活の見直しと病気にならない予防に役立てていただきました。

 

アロマのかおりでは、皆さん、真剣に自分に合う香りを探すために五感をフル活動して、今日の自分に合う香りを見つけていました。

 

★ 懇親会 12:15~14:00 〈研修室1〉 参加者 11名

 

午前は、  材料の配布、講師の説明を聞いて 布の準備と 編み始め。 足にロープを掛けて

左右対称に なるように 布の色を 変えたり。人それぞれアレンジをしながら。

片足を作り終えたぐらいで 昼食。

布草履の話で盛り上がり、休憩も そこそこに 切り上げ 草履作りをスタートする人 続出。みなさん 夢中?になって 編んでありました。

色とりどりの ぞうりが 出来上がり いよいよ 鼻緒つけ。好きな鼻緒を 選び 講師の指導のもと できあがりです。

出来上がった方から 帰宅に なりました。

殆どの方が 満足してありました。また 布ぞうり作りワークショップがあったら教えて下さいとの声が多数ありました 。

お孫さんにも 作るといわれるかたも、おおかったです。

家に眠っている シーツや浴衣 パジャマや 手拭い、おしめの残布などが

世界でひとつの草履に なる様は 主催した側も 感激しました。

☆ 10:00~12:00 〔 託 児 〕

託児1名

託児はおもちゃばこさんへお願いしました。

今回、参加者は、年配の方が多く。託児は1名のみとなりました。

 

 

☆ 参加者からの感想

・  古いシーツは、今まで窓ふきなどに使っていましたが、ぞうりに変化させることができ、大満足です。日頃から布ぞうりを愛用しているので、嬉しく思います。

・  作るのはとても大変でしたが、ちゃんと布ぞうりができて、とても楽しかったです。皆さんと和気あいあいでした。講師の皆さんもとてもよく指導して下さいました。ありがとうございました。

・  先生方にわかりやすく指導していただき、有り難うございます。作品が出来上がり、とても感激です。家でも布がたくさんあるので、楽しんで作りたいと思います。

・  とても丁寧に教えてくださって有り難うございます。捨てられない布を活用できて、嬉しいです。家に帰って、又、作って見たいと思います。

・ 初めて作りましたが、丁寧に教えて下さって感謝しています。色使いを考えるのも楽しいので、これからいろいろ作ってみたいです。